盾の勇者の成り上がりスロット評価

2023/11/07

特集

  • newageslo-00
    ついにイヤホンで遊技機の音を聴ける時代が……!? この秋、パチ業界の未来を変えるかもしれない新台が登場することをご存知でしょうか? その名も『推しスロ アイドルVer.』。兵庫県を中心に「ミクちゃんガイア」や「ミクちゃんアリーナ」を展開する タツミコーポレーション のば くさい 関東 パチンコB(プライベートブランド)機なのですが、業界初の「NEW AGEシステム」を搭載しており、新たな遊技体験を提供できるとのこと! 筐体にタブレットが接続されていて、イヤホンも接続可能で、負けないし勝てない!?

    新しいこと尽くめのパチスロということで、興味を持ったば くさい 関東 パチンコ-Summa編集部員。NEW AGEシステムと推しスロの生みの親であるタツミコーポレーション代表取締役社長の李さんと外販事業部の畑さんに、詳しいお話を伺いました。

    スロット 今 打つ なら

    newageslo-01
    ――本日はよろしくお願いします! 早速ですが、「NEW AGEシステム」についてお聞かせください。

    筐体にタブレットを搭載することで可能となった新システムで、遊技と連動して映像や楽曲を楽しめるようになっています。コンテンツを随時アップデートできることと、Bluetoothを介してイヤホンで遊技音を聴けることが大きな特徴ですね。

    ――タブレットと筐体を組み合わせるとは新しい……! このアイディアはいつ頃から考えていたんですか?

    弊社では2019年1月に液晶非搭載のば くさい 関東 パチンコB機『パチスロ ミクちゃん』を発表したのですが、その頃から「いつかはば くさい 関東 パチンコB機で液晶搭載機を作りたい」とずっと考えていました。それも、ソフトウェアのアップデートによってコンテンツを更新できるようなものです。ホール企業として、新台入替コストという課題には長年悩まされてきましたからね。

    ――パチンコ・パチスロの新台入替って、たとえるなら新しいゲームが出るたびにソフトじゃなくてハードを買うようなものですからね。

    そうですよね。アップデート式は関わりのある遊技機メーカーさまに提案していたのですが、実現させるにはさまざまなハードルがあるようで……。そこで、どうすれば自社で実現できるだろうと考えていくなかで、「ナンバーランプの代わりにタブレットを接続すればいいのでは?」と閃きました。

    パチンコ 釘 摘発

    newageslo-02
    ――「NEW AGEシステム」を搭載した『推しスロ アイドルVer.』は、どんな風に楽しめるのでしょうか?

    まずは4組のアイドルグループ、「グットクルー」「すたんぴっ!」「SITRA.」「meluQ」の中から推しを選んでいただきます。すると、通常時からタブレットで推しの楽曲や映像を楽しめるようになるわけです。

    ――最近のイヤホンは優秀ですから、うるさいホールの中でも高音質で音楽を楽しめるでしょうね。

    というか、この台はめちゃくちゃ静かです。

    ――あっ、そうか! イヤホンに繋げられるなら、筐体のスピーカーから爆音を鳴らす必要はないんですね。

    リール音とメダル払い出し音はしますけどね。たとえばスマスロにNEW AGEシステムを搭載すればリール音だけになるでしょう。

    ――ホールの騒音は長年の課題でしたよね。誰もが「イヤホンを使えたらいいのに」と思っていたはずですが、規則で筐体にイヤホン端子を搭載できないと言われていました。

    この台のプレスリリースを出した際、色々なメーカーから「どうやって実現したんですか?」などの問い合わせがありましたね。弊社は筐体ではなくタブレットを音源とすることで実現したわけですが、イヤホンに関するやり取りの中で、多くのメーカーが試行錯誤していることもわかりました。ゆくゆくは遊技の音をイヤホンで聞くのが当たり前になるかもしれません。

    0.25 パチンコ


    ――NEW AGEシステムを搭載した推しスロですが、アイドルを題材とした理由は何ですか?

    グットクルーの1周年ライブでファンの熱量を目の当たりにした時から、「どうにかしてこの熱を冷え込んだパチンコ業界に持ってこられないか」と考えました。同時に、アイドル活動の課題を解決したいという想いもあったんです。

    ――というと?

    アイドルって、ある程度の人気を得たうえで、毎週ライブをやってチェキを売って、それでやっと学生アルバイトぐらいの稼ぎなんですよ。社会人として生きていくには「ライブをやっていない時にどうやって収入を得るか」が重要なわけです。

    ――華やかに見えても、現実は厳しいんですね……。

    そこで、パチンコホールとアイドル業界が抱える課題の同時解決を狙って、『推しスロ アイドルVer.』とNEW AGEシステムを作りました。

    ――ホールの課題というと新台入れ替えコストですよね。ちょっと突っ込んだこともお尋ねしますが、この台でどうやってアイドルに還元するのでしょうか?

    推しスロ設置店でしか交換できないアイドルグッズを一般景品として用意し、ここで交換されて発生した収益をアイドルの方々に分配する、という風に考えています。

    ――なるほど!

    仮にグッズを原価3割で作れば、ホールとアイドルで折半しても利益率が35%になりますからね。パチンコファンの方々の多くは特殊景品に交換しているのが現状ですが、ここでしか入手できない限定品を用意することで、利益率は上げていけるものと期待しています。

    ――勝った負けたではなく、推し活をしてグッズを貰って帰る、みたいな遊び方になるわけですね。

    その通りです。今のパチンコ・パチスロって、情報を集めて分析しないとトータルで勝つことはほぼ不可能で、少し敷居が高いと言いますか……。期待値とかの話から決別していかないと、新規ファンを増やすことはできないと思うんです。


    ――150Gで必ずボーナス、出玉率が最大でも100%というスペックを見た時、正直「今のユーザーは打つだろうか……」と疑問だったんですが、そういう意図があったんですね。

    150Gで区切ったのは、遊技時間をハッキリさせるためです。未経験者の方がホールに来ない理由って、時間が読めないことも関係していると思うんです。大当たりが引けるまでの時間も、当たってから連チャンが終わるまでの時間もわからないなんて、タイパ重視の現代において敬遠されても仕方ないですよね。

    ――確かにホールへ行くとなると、その日はもう他の予定を入れにくいですね。

    推しスロは11月中にミクちゃんガイア三宮店の新フロアでお披露目する予定なんですが、未経験や女性の方でも入りやすいよう、ゆったりとした空間にしています。

    newageslo-03

    ――おしゃれ! 一般のホールとは全然違いますね! この良さげな椅子は……?

    eスポーツ用のゲーミングチェアです。この5階フロアは推しスロのみを55台設置するのですが、かなり静かな空間になっています。未来のホールはこんな風になっていくのかもしれませんね。ちなみに4階フロアは18歳未満でも入店できる「アイドルや“推し活”をコンセプトとしたカフェ」、1~3階は従来通りのホールです。

    newageslo-03b

    ――55台設置の専用フロアはすごいですね!

    パチンコホールとアイドルが活動するライブハウスって、“初見の入りづらさ”も似ていると感じているんです。でも、どちらも実態を知らないから入りづらいだけで、1回でも入ればすぐに慣れて、気軽に入場できるようになるはず。推しスロを通じてパチンコ・パチスロのユーザーとアイドルのファンが行き来できるようになればいいなとも思っています。

    ――では、推しスロの仕様でこだわった点はありますか?

    プログラムのアップデートが肝となるので、現場のスタッフがパパっとできないと意味がないんですよね。そこで、ば くさい 関東 パチンコowerば くさい 関東 パチンコointを触る程度の手数でアップデートが完了するよう、プログラムの簡略化をオーダーしました。デジタルに慣れた今の20~30代ならすぐ覚えられるようなものになっています。

    ――アップデートにコストがかかってしまっては本末転倒ですしね。

    それと推しスロ、正確にはNEW AGEシステムは7ヶ国語に対応しています。海外から来られた方も、日本のパチンコ・パチスロやアイドル文化には大いに興味を示しているんですよね。インバウンドに際しても、拘束時間がハッキリしていることのメリットは大きいと思います。

    0.25 パチンコ


    ――推しスロは今後、どんなコンテンツを更新していく予定ですか?

    タブレットですから、言ってしまえば何でもできるんですよね。まず「推しスロ」としては、すでにクイズやコンテンツ内でカードデータが排出されるガチャ演出を用意していますが、ゆくゆくは「その日一番最初にボーナスを引いた方はアイドルとオンラインで話せる」とか「遠隔地のライブ映像が流れてくる」といったオンライン配信機能の実装も考えています。

    newageslo-04

    ――新曲を入れたり、新しいアイドルが参戦したりといったことも可能なわけですよね?

    はい。何ならアイドルにとどまらず、Vtuverでも企業案件でも、どんなコンテンツでも発信可能です。我々が現時点で思いついてもいない活用方法もあるかもしれません。

    ――夢が広がりますね。これだけ色々な可能性があると、ホールにしか置けないのがもったいなく感じます。

    実はサンドを交換してしまえば、4号営業でないところにも設置可能です。

    ――ということは……!?

    電車やバスの本数が少ない観光地やライブハウスに置いて待ち時間に遊んでもらう、ということも可能ですね。話は4号営業に戻りますが、ご当地アイドルの観光案内の映像を流して、出玉はお土産に交換、なんてのもアリだと思います。

    ――まさしく新しい遊技体験ですね。ちなみに機械割94.8%の特殊日本 合法 カジノ「チャリティモード」ってのがありますけど、このモードを搭載した理由とは?

    アイドル活動への応援募金みたいな使い方もできますし、CSR(企業の社会的責任)活動にも活用できます。すでに日本盲導犬協会への支援を決定しており、盲導犬がどんな風にトレーニングを受け、働いて、引退後はどういう余生を送るのか、アイドルが紹介する動画を作って、コンテンツ内で展開することを計画しています。今まで触れることの少ないような話題でも、アイドルが話すことによって多くの人の関心を引けると思うんですよね。

    ――誰が紹介するかって、重要ですもんね。

    今までも多くのホール企業がCSRをやってきていますが、堅苦しい業界誌に載るだけで、なかなか一般には知られていません。もっと直接的なCSRができるようにと、チャリティモードを搭載しました。ただ、遊技していただける方を騙すようなことにならないよう、日本 合法 カジノは台枠ランプで常に目視できるようになっています。

    ――既存のパチユーザーとしては、遊技の勝ち負けにも興味があるのですが、このシステムを使った別スペックの台は計画されていないのでしょうか? ソフトウェアのアップデートだけでスペックやコンテンツを入れ替えできれば、浮いたコストで還元してくれる的な……?

    もちろん、技術的には新たなコンテンツの開発は可能です。けれどその前に、推しスロのコンテンツの評価やアップデートのコスト、多くの台を一斉に動かしてサーバエラーが起きないかなど、色々な確認が必要です。遊技機スペックは保通協の型式試験の適合が必要なので、別スペックの開発は推しスロがある程度市場に受け入れられてからになりますね。

    ――では、ミクちゃんガイア三宮店以外に設置する予定はありますか?

    まだ本決まりではないのですが、関東のホールなどからお問い合わせをいただいています。この推しスロに関してはご当地アイドルが参戦してくれることも重要な要素になるんですよ。現在参加してくれているグループは、「グットクルー」が神戸、「すたんぴっ!」「SITRA.」「meluQ」が大阪なので、関西のホールなら稼働が見込めると考えています。

    ――日本中のご当地アイドルがみんな入ってきたら楽しそうですね!

    ぜひそうなってほしいですね。多くのアイドルに加わってもらって推しスロの認知度が上がってくれば、商売として成り立っていくと思うのですが、現時点では事業性に関しては何とも言えない部分があります。Bluetoothのイヤホンで楽曲を聞けるという良さも専用フロアでないと発揮しにくいですし、初めのうちはパチンコ・パチスロ業界の未来を変えたいという意志がないと導入には踏み切れないでしょうね。儲かる・儲からないは度外視して、推しスロに込めた我々の想いに共鳴してくれる方がどれだけいるか……。

    ――かなり勇気のいる挑戦をされているんですね。

    我々だけでは問題を投げかけることしかできませんが、こういうことをホール側がやっていかないと、この業界はどんどん瘦せ細っていくだけだと思うんですよね。業界全体を広く巻き込めれば、コンテンツ開発の幅も広がって、一気に事業性が確立すると見ています。

    ――その想いが一人でも多くの人に届くことを願っています。本日はありがとうございました!

    イヤホン接続で話題になった「NEW AGEシステム」と『推しスロ アイドルVer.』ですが、そこには「夢を追う若者を応援したい」「業界や社会を変えたい」という熱い想いが込められていました。導入が開始されたら、まずは一度 ミクちゃんガイア三宮店 の専用フロアへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

    ば くさい 関東 パチンコ-Summa編集部

    撮影:STUDIO221B 前川元

| TOば くさい 関東 パチンコ |