バキ スロット 評価

2024/02/04

トレンド

  • aiibe20240204
    ChatGば くさい 関東 パチンコTを始め、近年何かと話題のAIだが、ついにパチンコ・パチスロホールへの来店までこなすようになったらしい。実体が存在しないはずのAIが来店するとは、一体どういうことなのか?

    静岡 パチンコ ば くさい

    798:2023/12/10(日) 23:55
    この手のイベントって本人目当てで来る客なんてほぼいないんだから
    適当な店員を演者にでっち上げてイベント打てばいいのに
    余計な出費も掛からず店も客も満足だろ

    799:2023/12/11(月) 00:01
    >>798
    AI来店なんかも始まってるし
    再生数ある人気来店マン以外は淘汰される可能性もある

    出典:パチンコ・パチスロ.com
    ユーザーの間で根強いのが、演者の来店イベント不要説。あまり知名度のない演者に高い報酬を支払って呼ぶより、出玉で還元してほしい……というわけだ。そんな議論の中で、「AIの来店がすでに始まっている」という書き込みを発見。AIが来店するとは一体……!?

    盾の勇者の成り上がりスロット評価


    AIの画像生成ツールを使って実在しない人物を生成して、ホールで撮った写真に合成し、SNSに投稿することで「来店」……ということになっているらしい。最近の画像生成ツールは非常に高度で、本物の人間のような架空の演者を生成できてしまうようだ。作り物と言われなければ気付かない人もいるかもしれない。


    架空の人物の画像を投稿しているだけだから、当然、リアルで会うことはできない。それでもしっかりと大勢のフォロワーが付き、来店イベントが成立している模様。

    では、実際に活動しているAI演者(AI来店マン)を見てみよう。

    百花 繚乱 パチンコ


    清楚系ジャグラー女子として、2023年11月から活動を開始。順調に来店件数を増やしていき……。


    年明けにはなんと1日で1都1府4県、7店舗の来店を行うまでになっている。おそらく実体のある人間が全店舗回るのは不可能だが、AIなら可能。注意が必要なのは時空に飛ばされること(?)だけらしい。

    パチンコ 釘 摘発


    同じく2023年11月から、「強い特定日に来店すること」を軸に活動を開始。普段は銀座のクラブでホステスをしているらしい。


    リプ欄を見る限り、AIだと気付いていない? ファンも一定数いるようだ。ちなみに、前述の北島ひかりは「妹的存在」らしい。同じツールで生成されたということなのだろうか。

    パチンコ 出 玉 制御 真実


    2018年から活動しているVTuberの七色れあも、「AI七色れあ ver.1.2evo」として擬人化(?)。もとい、VTuberとAIは別の存在らしく、初期は一緒に来店しており、やがて独り立ちしたようだ。

    0.25 パチンコ

    どうも〜!ミサです✋趣味はパチンコ・パチスロトロフィーカスタム入れる店長が1番好き☺️ [当日来店スタッフを生成ソースにしたAI来店です]

    出典:オフミー
    2023年11月から活動を開始。サミーの機種を推しているらしい。髪色はエイリやん色ということだろうか。


    実在の人間との2ショット写真も存在。さすがに若干の違和感はあるが、あらかじめAIと知らなければ気付かないかもしれない。

    パチンコ 出 玉 制御 真実

    パチスロやパチンコ好きの方/特にハナ系(ハナハナ)が大好きな方/自撮り写真や来店情報などを発信/駆け出し演者/フォロワー目標5,000人[当日来店スタッフを生成ソースにしたAI来店です]

    出典:オフミー
    2024年1月から活動を開始し、2月に来店デビュー。ハナ系の機種を推しているとのこと。


    AI演者はそれぞれ推しの機種が分かれていることから察するに、来店当日は該当する機種がチャンスということなのかもしれない。

    パチンコ 最大 出 玉


    オフミーの広告・広報担当として、2023年10月から活動を開始した「オフミー女子」もAI演者。左から「赤井みつこ」「金子みろく」「虹村ななこ」「黒田いろは」として活動している。そして、オフミーの主催者&来店者一覧を見ると、前述した北島ひかり・叶静香・AI七色れあ・ミサ・せんだちかなど、多数のAI演者・AI来店マンが所属していた。どうやら2023年秋頃から始まったAI来店イベントは、オフミーが企画したものらしい。

    ば くさい 関東 パチンコ


    AI演者に対してネット上では「やり過ぎ」や「何でもありだな」、「悪く言えば人を騙しているように見える」など、否定的な意見も一定数ある。だが、コストを考えると良い面も見えてくるようだ。

    たとえば、来店マンを呼んで派手にやるA店と同じ地域に、競合にもならないような小規模なB店があったとする。

    そのB店の特定日やある程度の集客が見込める週末に、A店は来店をぶつけるわけだ。
    そうやってB店の体力をじわじわと奪っていき、いずれB店が閉店することになれば必然的にそれまでB店で遊んでいたお客さんはA店に流れてくる。
    言わば、兵糧攻めのようなものだよね。

    これはひとつの例に過ぎないけど、来店や取材にはそういった側面もあるので、単純な当日の集客や利益だけでは判断できない部分もあるわけですよ。

    まぁでも、そういう兵糧攻めによって多くの中小ホールが潰れてきたわけだから、個人的にはどうにかこの流れをいい加減に止めてもらいたいとは思っている。

    そこでAI来店の可能性というわけですよ。
    中小ホールが大手に対抗するために、安価に使えるコンテンツとして伸びる可能性もあるんじゃないかな、と。

    出典:パチクラウド
    AI演者の単価は不明だが、実在の演者よりギャラは安価で済むものと思われる。一部の業界関係者は、有名な演者を呼べる予算のない中小ホールが大手に対抗する手段として、今後発展していく可能性も示唆していた。

    さすがにAIだけあって全員美人だが、フォロワー数や来店件数には結構な差がついている。「中の人」のプロモーション能力の差ということなのだろうか。

    TOば くさい 関東 パチンコ:YouTube

| TOば くさい 関東 パチンコ |